おすすめ投稿

isemになった訳

僕、バンド組んでるんです。
初期ライブのときに、販促用にステッカーとか作ったんですけど、そのステッカーの名前が急いで作ったせいか、isemになっちゃってたんです。
本当はisamでした。

イサムがイセム。
でも、少しハーフっぽい顔立ちしてたんで、isemと書いてアイセムって呼ばせるようにしたんです。
なんかかっこよくないですか?

それから僕はアイセムになりました。
ハーフという嘘もまだつき続けています。

バンドはまだ続けていますが、おっさんになってもアイセムなんて名乗れるだろうか。

何が言いたいかって、みなさん、もう中間試験の時期ですけど、ケアレスミスがあらぬ方向に向かうこともあるので、名前の空欄・間違いだけは気をつけましょう。

ステッカー作りの巻

先ほど、オリジナルスッテカーを作る話題をあげましたが、
ちょっと作成までの秘話を

いままで、ウチラのバンドは、
音楽は耳できいて魂に残せ
というテーマを元にバンド活動をおこなってきました。
なので、ノベルティなんて形があるもの必要ないという話が出てきていました。

けれど、今回ステッカーを作る事になった理由は1つ
・実は、バンドの活動が少し止まりそうなんです。

いま、佐村河内という人が話題になっていますが、
うちはゴーストライターっていう便利なもんがありません。

それぞれ家庭があって、仕事をやりながら活動をしています。
なので、この3月から4月は務めている人には一番忙しい時期。

だから、次のライブを開けるのは5月。

もちろんファンのみんなのために作るってところもあるんだけれど、
それ以上に、みんなに支えられている自分たちを忘れないため
という思いがあります。

なので、もちろん作ったスッテカーについては俺らも貼ります。

ちょっと今回は、しみじみ話になっちゃったけど
これが今回のステッカー作成の裏話です

バンドロゴのスッテカー販売